2017/11/13

風船好きのオーストラリアに見る、IoTの未来について

Aussie pico balloon series soars again・・・WIA

かつてわたしもWSPR追っかけしたこともあるオージーバルーンですが、

On Tuesday it was over Papua New Guinea, then left on Wednesday for the Solomon Sea. A dozen in VK2, VK3 and ZL tracked it an altitude of about 10,000 metres enduring temperatures to minus 30 degrees Celsius.


おー、すげーなー、って


中身の皆無なカルビーのポテチみたいなアルミ袋、上空ではパンパンになって弾けるんでしょうか?

こういうの見ると、 IoT、いやIDioT(拡散的モノのインターネット)か、喜んでスマホ持って自分のウンコしてるのを衛星から見られてるよなやつ、

IoTが便利言ってるのはバカか、または、えげつない仕掛け人です。

いずれはお漏らし検知のためにグンゼのパンツにも埋め込まれることになりますが、今は、できるかぎりに抗いたいものです。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

0 件のコメント: