2018/05/18

いよいよデイトンハムベンションがはじまったTS-890のお披露目とヤエスFT-DX101Dが火花を散らす、ケンウッドの赤のベールの意味について

To be unveiled at Dayton HamventionLate Summer 2018 release・・・・JVCKENWOOD

現地時間では昨夜、プレベンション酒盛りが全米各地で盛んだつたやうですがいよいよです。

Stay tuned for more information!・・・JVCKENWOOD



TS-890、どういうブツが出るのか?

HF-VUの一体機SDRでイチかバチか乾坤一擲の勝負を仕掛けてくるか、なんとなくTS-990のダウンスペックで茶を濁すか、

あるいはウラをかいてTS-820後継、コンベンショナルシングルコンバージョン機と出るか?(これはさすがにコスト高なので無い話)、

今日がJVCKENWOODの未来を占う試金石というか、お試しというか、覚悟、キアイが問われる日です。

私ならアイコムからIC-7300とIC-9700を買ってきて母の日プレゼント詰め合わせセットにしますが、赤のベールの意味はそういうことなんでしょう。

他方、ヤエスからは、FT-101後継のSDR、






FT-DX101Dが出ていました。

さて、対するケンウッドは如何?

日刊 BFニュース ページトップへ↑

0 件のコメント: